令和3年4月1日より消費税も含めた総額表示が義務化が復活


21年3月31日に消費税転嫁対策特別措置法が失効し、4月1日から総額表示(税込み価格表示)が義務付けられる。

例えば、次に掲げるような表示が「総額表示」に該当します(例示の取引は標準税率10%が適用されるものとして記載しています。)。

  • 11,000円

  • 11,000円(税込)

  • 11,000円(税抜価格10,000円)

  • 11,000円(うち消費税額等1,000円)

  • 11,000円(税抜価格10,000円、消費税額等1,000円)

  • [ポイント]

  •  支払総額である「11,000円」さえ表示されていればよく、「消費税額等」や「税抜価格」が表示されていても構いません。

  •  例えば、「10,000円(税込11,000円)」とされた表示も、消費税額を含んだ価格が明瞭に表示されていれば、「総額表示」に該当します。

 なお、総額表示に伴い税込価格の設定を行う場合において、1円未満の端数が生じるときには、その端数を四捨五入、切捨て又は切上げのいずれの方法により処理しても差し支えありません。





 About Net アバウトネット株式会社 https://www.aboutnet.co.jp/

 ホームページ作成│広告宣伝│WEBシステム開発│情報サイト運営

   Yahoo!マーケティングソリューション正規代理店

☎0120-202-376 営業時間 9:00~18:00

​定休日/第1・3土曜、日曜、祝日 お気軽にお電話ください

〒379-2224 群馬県伊勢崎市西小保方町80-2

〒330-0854 さいたま市大宮区桜木町1-266-3 ​シンワKIビル2F

​〒388-8006 長野県長野市篠ノ井御幣川1204